1級管工事施工管理技士 申込&受験資格

1級管工事施工管理技士受験申込今日まででした。

私は先週の木曜日にやっと申込書を書き終え、

簡易書留で発送しました。

申込書の詳細は下記参照

1級管工事施工管理技士 合格率

申込書を作成するだけで過去問1回分ぐらい疲れました。

いつも思うのですが、施工管理技士の試験は申込書で

挫折する人が結構いるのではと思います。

もっと簡単にするか電子受付にすれば、

受験者数も増えると思うのですが・・・




話は変わりますが、施工管理技士の試験は実務経験が必要です。

受検資格

学科・実地試験受験者 学歴又は資格により(イ)(ロ)(ハ)(ニ)(ホ)のいずれかに該当する者
(イ)学歴

学 歴 実務経験年数
指定学科卒業後 指定学科以外卒業後
大学専門学校「高度専門士」 3年以上 4年6ヶ月以上
短期大学高等専門学校

専門学校「専門士」

5年以上 7年6ヶ月以上
高等学校
中等教育学校
専門学校(「高度専門士」「専門士」を除く)
10年以上 11年6ヶ月以上(※1)
その他 15年以上

上記実務経験年数のうち、1年以上の指導監督的実務経験年数が含まれていることが必要です。

※全国建設研修センターより

多くの方は上記学歴から実務経験を計算し、

申し込むと思います。

私の友人が2年前に1級管工事施工管理技士の受験資格を十分に

備えていたのですが、申込後受験資格なしと返信され

受験できませんでした。

なかなかないケースですが(おそらく書類不備だと思います)、

手書きで記入する部分が多く最後は疲れてきますので、

申込書といえど手間ですがキッチリ仕上げましょう。

(ちなみに受験料は返金されたそうです)



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。