2級土木施工管理技士 H29結果分析

早速試験結果が届きました。




2級電気工事や2級管工事施工管理技士で見慣れたハガキ。

2級電気と2級管工事で違うのは評定がCということ。

・・・得点が40%未満って全然ダメじゃん。

施工管理技士の試験では作文がおそらく50点前後の配点と

思われ、残りがそれ以外の部分。

ただ作文で満点を取るのは記述式という点もあり、

難しいと思われるので、作文で7~8割得点し、

足りない部分を作文以外で得点するのが合格への道だが・・・。

試験が3ヶ月も前なので記憶があいまいだが、

法律の部分はほぼ完璧に得点できているため、

作文以外全くダメという可能性は低い。

となると作文の内容が的外れで、

ほとんど得点できていなかったと思われる。

今回、工程管理と安全管理が課題だったが、

その中身については管工事と電気工事の施工管理とほぼ同じで

OKのはず。

工種と施工量が的外れの解答をしてしまったのだろうか。

作文の事例から実際の経験(←乏しい)をもとに

作文を作成したが、採点者には見抜かれたよう。

残念ながら1発合格とならなかったが、

今年しっかりと対策をしてリベンジしたい。

今年は10/28(日)

今年こそ合格するぞー。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。