簿記2級 第147回をはどうなる

多少体調も回復したと思いきや38℃の熱が出てきました。

明日の朝熱が下がらなかったらさすがに病院へ行きます。




まだ、146回の合格率が発表されていませんが、

30~40%ぐらいまでいきそうな当たり回の模様。

近回の合格率は下記

受験者数 実受験者数 合格者数 合格率
145(H29.2.26) 78,137名 60,238名 15,075名 25.0%
144(H28.11.20) 72,408名 56,530名 7,588名 13.4%
143(H28.6.12) 58,198名 44,364名 11,424名 25.8%
142(H28.2.28) 90,693名 70,402名 10,421名 14.8%

147回の合格率が高かったため、単純に次回は合格率が

下がりそうですね。

それもこれもカギを握るのが新分野の「連結会計」。

どんな試験でもそうですが、初出題ということは

過去問がないということになり、どんな問題が出てくるかは

全く不明です。

それは出題側も同じ感覚だと思いますので

(受験生の対策レベルが不明)、

ホントに蓋を開けてみないとわかりません。

対策は?

とはいっても何も対策をしないわけにはいけませんので、

私なりに考えてみました。

簿記の合格点は70点。

そのうち40点は今回の試験範囲改定に関係なく、

問題の難易度も比較的 簡単~普通 のレベルで安定している

工業簿記となります。

私が今回受験するならば、連結会計対策はそれなりにして

工業簿記と第1問の仕分けで最低50点、できればほぼ満点

(60点)を取れるように勉強します。

大問の2もしくは3は難問となるケースが過去の例からも

多いため、なんとかそれ以外で点数を稼ぐ必要があります。

まとめ

結局びっくりする対策は出ませんが、

やはり商業簿記は仕訳と工業簿記でどれだけ点が稼げるかが

ポイントです。

新分野に気を取られず、ポイントを絞り集中学習を

していくことが、合格への近道ですね。




ビジネスマネージャー検定まであと2週間

ここ数日原因不明の喉の痛み。

革靴を変えたことによるマメの発生。

酔っぱらって右足薬指を負傷・・・と体がボロボロです。

おかげで体重も減ってきましたが、・・・。





正直ビジネスマネージャー検定については過去のブログで

いろいろ書いているので、今更新たな発見はありません。

ここまで来たら残された時間で問題集を解き続けるだけです。

ビジネスマネージャー検定もまだ始まったばかり

ということもあるのか、ネットで手ごろな一問一答を

扱ってくれるサイトがありませんでした。

あと2週間悔いの残らないように頑張りましょう。




毒劇物取扱者 2017試験まであと4日(東京)

東京の毒劇物取扱者試験まであと4日となりました。

(この記事を書いていたら日が変わってしまい、

正確にはあと3日となりました)

いろいろ調べてみると各都道府県によって

難易度にもかなりバラツキがあるようですね。




都市部は若干難しめの傾向があるようです(東京、大阪等)。

といっても試験自体の難易度はその年で当たりハズレが大きく、

地方で受けても運が悪く難しい回に当たってしまえば、

都市部とそこまで変わらなさそうです。

やっぱり対応できる問題を増やし、コツコツ勉強することが、

合格への近道ですね。

毒劇物取扱者はネットで1問1答のサイトがありませんので、

(私が探し切れていないだけかもしれませんが・・・)

手軽に通勤中にスマホでちょっと勉強、というのが

しにくいのがイタイです。

あと数日でできることは限られていますが、

悔いの無いよう最後の追込み頑張りましょう。




資格を効率よく集めるために・・・2

昨日はいいことばかり書いてしまいましたが、

当然資格試験の勉強で苦しい時もありました。




資格を集めだして7連勝後、簿記2級で4点足らずの敗戦。

気を取り直しての受験で3点足らず。

結局5回目でやっと合格(1回は学生自体に不合格)。

一度不合格を味わうと気が楽になるというか、

基本情報処理技術者(FE)、マンション管理士、

2級電気工事施工管理技士、2級管工事施工管理技士等

結構不合格になってますね。

もちろん1発合格ほど気持ちいいことはありませし、

当然受験料や参考書代、試験を受けに行く時間も含めて、

不合格になると失うものも多いです。

その時の仕事の忙しさや試験の受験回の難易度にもよりますが、

出来れば一回で合格できるよう最善を尽くしましょう。

最近は宅建士のような4択マークシート方式であれば、

過去問や予想問題での対策で何とかなります。

施工管理技士のような筆記、現場の経験が必要な場合には

嫌でも現場経験を積んでもらうしかないですね。

工事は大丈夫だが、簿記が苦手。

という場合には「滝澤ななみ先生の本」で苦手を克服してもらう

ということが考えられます。

できるだけ早めに予算を決められるように努力します。




資格を効率よく集めるために・・・

そういえばブログタイトルを「32からの資格集めブログ」と

しています。




特にブログを始めたのは35歳ですが、資格に興味を持ち

集め始めたのは32歳だったため何も考えずにつけました。

大学受験以来?のまともな勉強だったため、

まずは簡単といわれる危険物乙4から始めました。

そして毒劇物取扱者、宅建、ボイラー技士2級、管理業務主任者、

ITパスポートそしてFP3級と無敗で合格できました。

この期間はまさに資格にハマっていたため、仕事、家族その他の

趣味よりも資格試験の勉強が最優先。

少しでも時間があけば勉強していましたね。

こんなトランス状態の状況は別として、

なんだかんだでせっかく14個の資格を取得したので、

私が考える効率の良い勉強法を述べていきたいと思います。

ここでいう効率とは、勉強時間が短くなることはもちろん、

できる限りお金をかけないということも意識して

書いていきます。

一番重要なのは当たり前ですが情報です。

どんな資格を受験するにしてもまず確認すべきは、

取得にかかる勉強時間。

正直これはネットで調べても幅があります。

当然その人の基礎学力や現在の仕事に関連しているか否か

にもよってきますので、一概には言えませんが、

合格に向けての目安が見えてきます。

例えば宅建だと300~400時間が目安となっておりますが、

10月半ば試験で、6月に受けようと思いましたので、

5.5ヶ月時間がありました。

約160日のため、1日2~3時間の勉強で合格レベルに

持っていけるハズです。

一方電験3種。一般的には1000時間強。

こちらは試験半年前に理論の参考書を購入し、

3日間にらめっこしました。

3日で6時間程ですが、格闘し全く頭に入らなかったため、

断念しました。

おそらく高校レベルの物理の知識からやり直さないと

基礎から全く分かっていなかったと思います。




まずは試験までの勉強時間が十分とれるか?

そして参考書を見て合格のイメージができるかが、

重要だと思います。

ただ、300時間以上必要な試験に関しては

参考書をざっと見ただけではイケる?イケない?の判断は

難しいと思うので、少しは腰を入れて勉強しないといけないと

思います。

必要な勉強時間を確認し、参考書をざっと見て何とかなりそうな

気がすればしめたもの。

後は余裕をもって計画を立て(勉強期間中風邪や急用のため勉強時間が取れないこともあるため)、

試験に挑むようにしていきましょう。

例えば宅建を受験する場合、関連性の高い管理業務主任者、

マンション管理士の同年受験も視野に入れたりすると効率が

いいです。

私のサイトのカテゴリーで「おすすめ取得順」では

関連資格について書いていますので、

参考になれば幸いです。