給水装置工事主任技術者 2017年合格発表

今日は給水装置工事主任技術者の合格発表。




昨年までの合格率は

平成28年 33.7%

平成27年 31.1%

平成26年 27.0%

今年はというと

受験者(有効受験者)14,650名

合格者 6,406名

合格率 43.7%

 

!!!

昨年より10%も合格率が上がっている。

今年は比較的簡単だったんですね。

といっても受験回の難易度は時の運。

予想できないため合格に向けてひたすら

勉強するしかありません。

合格した皆様お疲れさまでした。

次は管工事施工管理技士でしょうか。

この合格を次へのステップへの励みにしていきましょう。




宅建士 2017合格発表

本日は宅建士の合格発表です。



合格点は35点。合格率は15.6%。

予備校予想は34~35点が主流でしたので、

ほぼ予想通りといったところでしょうか。

宅建士は合格率は毎年ほぼ一定で、

合格点が前後するので、試験問題との戦いというよりは

周りの受験者たちと合格の椅子を取り合うイメージです。

ただ、受験者数も毎年20万人を超える超人気資格の為、

合格するための学力はほぼ一定してきてはいます。

ただ、こういう試験の場合34点の人はショックが大きいですね。

まぁあと1点ですから来年気を取り直して

忘れ物を取りに行ってほしいです。

今年合格された皆さんお疲れさまでした。




1級管工事施工管理技士 実地まであと1週間

あっという間に試験まであと1週間。




転職やら子供の七五三やらでバタバタし、

あんまり・・・全く勉強できていない。

今週は束の間の有給消化中でまとまった時間が取れるので、

最後の追込みを頑張るのみ。

余談だが学科試験の場合

ケイタイもんというアプリが

地域開発研究所からリリースされている。

各種施工管理士の学科試験のみだが、

スマートフォンで勉強できる模様。

無料版もあるようなので通勤時間やちょっとしたスキマ時間を

有効に勉強したい方におすすめかな。

とにかくあと1週間勉強頑張るぞー。




個人情報保護士 参考書

個人情報保護士試験の参考書を買いに行きました。




今回買ったのはこの1冊。

個人情報保護士認定試験公式問題集改訂版

試験勉強期間は12/3の1級管工事施工管理技士実地試験が

終わってからの2週間という限られた時間なので、

参考書は買わず、問題集のみに集中して勉強する。

この問題集にしたのは解説がしっかりしているので、

理解がより深まると思ったからです。

問題数は240問と少なめなので、

問題集終了後は過去問に取り組む予定。

まずは1級管工事施工管理技士だが、何とか個人情報保護士も

今回合格したい。




転職決定

退職交渉を初めて2ヶ月。




やっと今の会社を辞めることができました。

明日から今月末まで有給消化。

12月からは次の会社での勤務が始まります。

いろいろあって転職することにしましたが、

現職でもおかげさまで配置転換による引き留めの

話をいただきました。

それもこれも資格を持っていることも含めて

評価されていたのだと感じました。

現職は建設業なので、施工管理技士

(1級を持っていればなおよい)や宅建、

建設業経理士あたりが評価をされているようです。

次の会社はポンプメーカーですが、そこでも管工事、

電気工事施工管理技士や給水装置工事主任技術者あたりは

資格手当が出るそうで、やはり資格の力を改めて感じました。

とは言っても基本は日頃の仕事ぶりが重要だと思いますので、

次の職場でもそれなりに仕事をしつつ資格も増やしていけるよう

頑張ります。