2級電気工事施工管理技士 作文対策

来週は2級電気工事施工管理技士の試験ですね。




学科試験は明確な回答があるため、対策を取りやすいですが、

実地試験の作文・・・、参考書にはいろいろ書いてありますが、

最終的には自分の工事経験から得点を取れそうな内容を

書いていくしかないのかもしれません。

私は1回目の受験で実地試験を落としましたが、

その際結果通知には40%は取れていたとのことでした。

作文以外がほとんどダメだったため、

逆に作文はそこそこ取れていたと思います。

それを踏まえて2年目再度チャレンジし見事合格できました。

参考までに私の2年間の作文の元ネタをUPします。

試験対策の参考になればと思います。

平成27年度の私の作文はこちら(現場名、住所は省略)

安全管理

電気工事の概要:既存制御盤の撤去、新規制御盤の搬入、ポンプモーターへのケーブル更新作業

工期:2014年2月~2014年5月

この電気工事でのあなたの立場:下請け業者の現場主任

あなたが担当した業務の内容:現場主任として、納入部材の選定、発注及び納期管理を含めた電気工事全体の現場施工管理。

安全管理上留意した事項と理由、対策または処置

  • 地下機械室への制御盤等機器類の搬入、搬出時における落下、横転に注意した。

(理由)機械室が地下にあり、搬入経路上に段差、階段を乗り越えての搬入、搬出となるため。

対策または処置

A 段差、階段の位置に吊り場を事前に設け制御盤の耐荷重を超えるチェーンブロックを使用して段差を超えるようにした。

B 専門監視員を配備し、不安全作業の注意喚起を徹底した。

安全管理上留意した事項と理由、対策または処置

  • 使用工具安全点検の徹底

(理由)不良工具の仕様及び使用方法の誤りによるけがや感電災害の発生をなくすため。

対策または処置

A 毎朝メガーによる絶縁状態の確認と正常動作確認を実施し、整備された工具のみ持込を許可した。

B 持ち込み機器点検簿による持ち込み機器の種類・数量の管理を実施。

平成28年の私の作文はこちら(現場名、住所は省略)

工程管理

電気工事の概要:既存の空調設備改修に伴う電気工事(ケーブル350m)、電灯設備、弱電設備、防災設備

工期:2016年7月~2016年9月

この電気工事でのあなたの立場:現場主任

あなたが担当した業務の内容:現場主任として、現場代理人の補佐を行い、電気工事全体の施工管理を実施。

工程管理上留意した事項と理由、対策または処置

  • 競合工事現場との工程管理

(理由)工期内で施工を終わらせるためには建築工事及び空調設備工事との工程の調整が必要だったため。

対策または処置

A 電灯設備、防災設備機器の納入時期について、建築工事及び空調設備工事の進捗を確認の上調整し、搬入経路及び資材置き場の確保を確実に行った。

B 競合する現場の工区分けを行い、建築工事及び空調設備工事と重複しないよう工程を調整し施工体制を確保した。

  • 停電切替時期の設定

(理由)夏休み工事だが、使用している教室、研究室があり、停電時期の設定を留意する必要があったため。

対策または処置

A 事前に各教室、研究室の使用予定を確認し、停電エリアの範囲を事前に大学側へ周知した上で停電切替を行った。

B 現場の進捗状況を建築工事及び空調設備工事も含めて確認し、全工程に支障が無いように停電計画を都度修正して実施した。

今年は順番的に安全管理なのかな。

平成27年は不合格だったため、あくまで参考にしてください。

あと1週間しっかりと準備して受験に臨みましょう。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。