2級管工事施工管理技士 おすすめ参考書と勉強時間

いやーワードプレス難しいですね。

私のパソコンのスキルが低いのもありますけど、

記事をまとめようと思って、階層化に取り組んでいましたが、

どうやっていいか全くわからず、3日経過してしまいました。

とりあえず、少しは理想のブログへ近づけたため、

今日は記事の方にかかります。

2級管工事施工管理技士・・・

こちらも2級電気工事施工管理技士と同じで、

2年がかりで取得しました。

平成27年の学科 57.9%、実地 45.9%

平成28年の学科 66.2%、実地 44.5%

なのでこちらも1発で合格してもいいぐらいの合格率です。

平成27年に学科合格、実地不合格、平成28年に実地合格で、

取得しました。

敗因は明らかに実地試験対策不足。

ちなみに学科対策は下記テキストを一読し、

2級管工事超速マスター

ひたすら過去問。

・・・で実地試験に向けて今年対策したことは、

 

最速合格2級管工事施工管理実地40回テスト

を5周。

勉強時間は2年合わせて延べ150時間ぐらいかな。

作文については電気工事施工管理技士と考え方は同じなので、

作文対策はあまり時間をかけていません。

私は欲張って電気と管を同じ年に受けて、

どちらも学科のみ合格という微妙な結果になりましたが、

対策をしっかり取れば、十分ダブル合格ができると思います。

まだ、今年も申し込みはこれからなので、

受験資格のある方は、電気、管のダブル受験いかがでしょうか。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。