第二種電気工事士 技能試験 持ち物&候補問題

第二種電気工事士試験の持ち物を確認していたら、

衝撃の事実が・・・。




私は電気工事士の筆記試験や過去にペーパーのみの資格を

受けすぎたせいか、資格試験の際はHBまたはBの鉛筆か

シャープペンシルしか筆記用具はNGと刷り込まれていました。

ですが、第二種電気工事士の技能試験は色鉛筆や3色ボールペン、

フリクションボールペンでもOKのようです。

※フリクションボールペンはペンの頭の白い部分で、書いた文字が消せるボールペンです。1本500円ぐらいするため、値段が高くインクもすぐになくなるのがネックです。

商品画像1

複線図が見やすくなるだけじゃないか・・・と

いわれるかもしれませんが、

複線図の練習はフリクションを使い本番はシャーペン。

と本番にいつもと違う感覚で臨むのは気持ちの問題ですが、

若干気持ち悪いです。

今回は思う存分フリクションで練習し、本番に臨むぞー。

※念のため技能試験の受験票が来たら持ち物の部分ご確認ください。

ちなみに今回の候補問題ですが、

NO.6とNO.13のメタルラスの部分が無いだけで、

その他は昨年と変わりありません。

欠陥の査定が厳しくなった分、候補問題自体は

簡単にしてくれたんでしょうか。

どうせなら制限時間を40分→50分とか、

候補問題を10問にするとかして欲しかったです。

嘆いていてもしょうがないので、練習しましょう。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。