第二種電気工事士 ランプレセプタクルへの接続

今日はランプレセプタクルへの接続を練習しました。




ランプレセプタクルを含み輪作りは候補問題すべてで

課題となっています。

つまりこれができなければ、合格はありません

ケーブルは50mm外装被膜を剥ぎましょう。

その後20mm絶縁被膜をを残し心線を出します。

そしてペンチの幅14mmで心線を曲げます。

曲げた先の余った部分を切断し、

ケーブルストリッパーの先の丸まった部分を使い、

くるっと回転させ、輪ができました。

黒、白の部分を間違えないようにランプレセプタクルへ

接続すれば完成。

輪作りのポイントはケーブルの必要な長さをあらかじめ

知っておくのはもちろんですが、

輪を作るときにケーブルストリッパーを使うと非常に簡単です。

初め私もペンチで練習していましたが、

ストリッパーを使うとキレイな輪が作れます。

必ず出る課題ですので、ここは完璧にしておきたいですね。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。