簿記2級 おすすめ参考書&テキスト

今日は簿記2級受験に当たり使用したテキストについて

・・・さすがにここ2年で4回も受けているので、

テキストも結構購入しました。

受験料も含めて2万ぐらいは余分な出費が発生しました(´;ω;`)。

まずは教科書として、建設業経理士2級でもオススメした

滝澤ななみ先生のテキスト

商業簿記と工業簿記の2冊。

おなじみのゴエモン(ネコちゃん)がわかりやすく

解説してくれます。

第139回の時は上記2冊と過去問で臨みました。

受験前は過去問の手ごたえとしてうまくいってギリギリという

感覚だったため、67点の3点足らずという結果も

運がなかったぐらいに考えていました。

そして第140回

万全を期して滝澤先生の問題集+もう一冊で、

取り組みました。

・・・が、結果66点、4点足らず。

当時仕事が忙しいこともあり(言い訳)、

各テキスト1周しかできなかったことが敗因です。

特に第1問の仕分けは、139回で満点だったこともあり、

対策をせずに2問落としてしまいました。

(どちらか1問とっていれば合格してたのに・・・)

そして143回

実は143回から試験範囲が変わり問題パターンも

若干変わりました。

ただ、テキスト代がもったいないと思い、

TACのあてるを1冊だけ購入し受験。

今回も66点の4点足らず。

問題集としては新しい分野の問題も含まれており、

ズバリの問題もあっていいテキストでした。

直前に気づいたのですが、テキストの解説をネット動画で

配信しており、それがかなりわかりやすかったです。

・・・あと1週間早く動画配信に気付いていれば、

合格できたかも・・・

そして第145回もTACのあてるを購入し、

143回と145回を3周して受験。

もちろんわからないところは動画解説で、

確認しました。

今回の簿記2級の受験で感じたことは、

滝澤ななみ先生のテキストもわかりやすくていいと思いますが、

動画解説はテキストで読むよりも印象強く、

深く理解が進むと感じました。

同じ内容ならDVDやネット解説があるテキストを使うと、

勉強の効率も上がるのではと思います。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。