簿記2級 試験範囲

6月4日に電気工事士2種(学科)の試験がありますが、

全くやる気が起きない。

1度学科は合格(2015年)しているため、

余裕はあるといえばあるが、

その後丸2年全く勉強していないため、

若干の不安が出てきた今日この頃です。

本題ですが、簿記2級の試験範囲が広くなるそうですね。

・課税所得の計算
・外貨建取引
・リース取引
・固定資産の圧縮記帳

が第146回(2017年6月)から
・連結会計

が2017年11月から含まれるそうです。

私も143回受験時に試験範囲が広がり、

その際にテキストや問題集を

新たに買い直した苦い経験があります。

最近の会計事情に合わせるのはいいのですが、

せめて3年や5年に一度ぐらいのスパンにしてくれないと

私のように5回かけて合格という人間は、

テキスト改訂に引っかかってしまいます。

・・・1回で受かれば問題ないのですが。。。

これから受験するかたは試験範囲の改定も踏まえて、

受験日を検討してみてはいかがでしょうか。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。