「宅建士」カテゴリーアーカイブ

宅建士 2017合格発表

本日は宅建士の合格発表です。



合格点は35点。合格率は15.6%。

予備校予想は34~35点が主流でしたので、

ほぼ予想通りといったところでしょうか。

宅建士は合格率は毎年ほぼ一定で、

合格点が前後するので、試験問題との戦いというよりは

周りの受験者たちと合格の椅子を取り合うイメージです。

ただ、受験者数も毎年20万人を超える超人気資格の為、

合格するための学力はほぼ一定してきてはいます。

ただ、こういう試験の場合34点の人はショックが大きいですね。

まぁあと1点ですから来年気を取り直して

忘れ物を取りに行ってほしいです。

今年合格された皆さんお疲れさまでした。




宅建士 合格点予想2017/10/20

一部変更がありましたが各社の予想も

ほぼこれで動かないと思います。




資格の大原が32、33点→33、34点にあげてきたのと、

フォーサイトが35点→35点(±1)に変更となりました。

各社 31点 32点 33点 34点 35点 36点 37点
LEC
TAC
資格の大原
日建学院
クレアール
フォーサイト

まだあと発表まで1ヶ月以上ありますが、

36点あればほぼ合格のようですね。

合格発表までまだまだ日がありますが、

気長に待ちましょう。




宅建士 合格点予想2017/10/16

宅建士試験お疲れさまでした。




ホントは昨日にもまとめたかったのですが、

あいにく家族旅行の為、作業ができず先ほど帰ってきて

慌ててまとめています。

大手各社の合格点予想をまとめてみました。

各社 31点 32点 33点 34点 35点 36点 37点
LEC
TAC
資格の大原
日建学院
クレアール
フォーサイト

こう見るとほぼ35点以上取れていれば、

合格できそうな感じですね。

昨年が35点でしたので、難易度は昨年と同程度ぐらい

でしょうか。

また他社の状況も確認して、追加情報をUPしていきます。

私も受験した時そうでしたが、合格発表日の2017/11/29まで

合格点がわからず、資格学校各社の予想があるとはいえ、

ハラハラドキドキ発表の日を待っていたことを覚えています。

特に自己採点34~35点ぐらいの方々は戦々恐々でしょうね。

気持ちよくわかります。

とにかく受験された皆様お疲れさまでした。




宅建士 試験前に取り組むべき参考書は

宅建士試験まであと3日ですね。




ここまで来たら自分の今までやってきたことを信じて

万全の体調で試験に臨むのみです。

ふと本屋で参考書を見ていましたら、

簿記でお世話になったTACのあてるシリーズが

宅建士でも出ておりました。

宅建でも過去問は非常に重要で、

皆さん過去問には熱心に取り組んでいると思いますが、

こちらはオリジナルの予想問題。

合格予想点もあり、模擬試験としてはピッタリです。

3回分しかないのがボリューム不足な感はしますが、

ここから試験に出る問題もあるでしょうし、

やって損はないと思います。

こんな土壇場での紹介で(もう1週間ぐらい早ければ・・・)、

残念ですが、あと3日あらゆる手を尽くして合格目指して

頑張りましょう。




宅建士 平成29年試験まであと1週間

いよいよ来週は宅建士試験ですね。




試験前の3日間。最後の追込みをしている人。

余裕でリフレッシュしている人。

様々いらっしゃると思います。

追込みをかけて勉強をするのも必要ですが、

寒くなってきたため風邪などひかないように

体調管理には気を付けてください。

これまで試験の案内から申込に始まり、

参考書の紹介等を過去のブログでしてきましたので、

今さら取り立ててかけることは限られます。

試験の当日についてですが、

試験会場では各資格学校が直前チェックなるものを

配っていることが多いです。

私が当時受験した東京大学駒場キャンパスでもそうでした。

さすがに過去の試験データが網羅された資格学校が

進めるチェックリスト、けっこう試験に出ます。

ここまで十分な勉強を積んでこられた方には

当たり前のことだったり新たな発見はないかもしれませんが、

私も1点直前チェックで拾いました。

宅建士は合格点がその年の難易度によって変化しますので、

受験後の自己採点後もハラハラドキドキですが、

まずは10/15の試験を頑張りましょう。