「第2種電気工事士」カテゴリーアーカイブ

第2種電気工事士 平成30年度試験

電気工事士の平成30年度試験について調べました。




こんな時期から技能試験の候補問題が出ているなんて、

さすがにそろそろ合格したいし、早めに練習を始めようかと

思わされる今日この頃です。

そんな中、電気工事士試験に大きな変化が・・・

1.第二種電気工事士試験の受験機会の拡大
(1)上期試験、下期試験の両方の受験が可能
これまで、第二種電気工事士試験は、当該年度の上期試験又は下期試験のいずれか一
方しか受験できませんでしたが、平成30年度から、上期試験、下期試験、両方の受験が
可能となります。

これは大きい。単純に合格のチャンスが2倍になるだけではなく、

上期に不合格だと次の受験機会は最短でも1年空いてしまうが、

今回の改正では半年後に再受験できる。

鉄は熱いうちに打てではないが、間隔は詰めた方が、

勉強した内容や練習した技術も劣化しにくいはず。

他にも微妙に変更点はあるが、

大きな変化はやはりこの受験機会の拡大だろう。

おかげで私も今年は2度のチャンスがある。

さすがに今年は筆記試験の免除もあるし

合格の年にしたい。




第二種電気工事士 不合格通知届く

分かっていたことですが、やはりちょっとショック。




今年合格された方おめでとうございます。

私もその中に入りたかった・・・。

1級管工事施工管理技士学科試験の自己採点が

いい結果だけに私の感情に水を差してくれました。

そうはいっても自分の努力不足が招いた結果ですので、

真摯に受け止め、同じ失敗をしないよう次の試験に活かすのみ。

(そういいながら第二種電気工事士は実技で落ちたの2回目です)

来年は学科が免除なので、春ごろからじっくりと準備をし、

合格を目指します。




第二種電気工事士 上期技能合格発表

昨日は武井咲の結婚のニュースにびっくりし、

ブログを更新するのを忘れました。



というのは冗談で、第二種電気工事士技能試験の

合格発表があり、予想通り不合格・・・でした。

分かっていたこととはいえちょっとショック。

特に問題が比較的簡単なNo.2だったので、

このチャンスを逃してしまったのはイタイです。

また来年気を取り直して頑張ります。

来年は学科は免除となるのが唯一の救いですね。

明日は1級管工事施工管理技士の学科ですので、

引きずらないよう頑張りたいです。

1級管工事施工管理技士の受験後に私なりの解答速報を

UPする予定ですので、

受験者の方はよろしければ参考に。




第二種電気工事士 技能試験明日合格発表

3日後の日曜日には1級管工事施工管理技士の

学科試験があります。



ただその前に明日第2種電気工事士の合格発表が

控えていました。

・・・不合格なのはほぼ間違いない。

もし合格していたとしたら採点者が疲れていて、

私のミスを見落としたとしか思えない。

また来年しっかりと練習をして、

合格を目指す覚悟はできていますが、

万が一合格していたらラッキーなので、

一応結果は確認することにします。

それよりも日曜日の学科試験を何とか合格できるよう

勉強しなければ・・・




第二種電気工事士 技能試験を終えて

第2種電気工事士の技能試験お疲れさまでした。





今日びっくりしたのが、22日、23日の試験問題が

公表されました。

おそらく試験地域で問題が異なっていたのでしょうが、

同じ試験日でも違う問題が出ていたところがあるのですね。

22日 公表問題2、3、8、11

23日 公表問題1、3、4、13

しかも公表問題3は22日、23日ともに出題されています。

今回から軽欠陥という概念がなく、

欠陥があれば不合格ということもあるのでしょうが、

明らかに試験の傾向が変わっています。

公表問題3が2日とも出題されていますので、

下期試験で1度出題された問題は出ないと

タカをくくるのも危険です。

・・・なかなか考えられていますね。

試験監督のオジサンたちは特に変わっておりませんでした。

平常心でミスなく作品を作ることが問われる試験だと

思います。

上期受験しますと下期の受験ができませんので、

この悔しさを来年まで持続させ、来年合格できるように

頑張りましょう。