中小企業診断士 平成29年度1次試験

今日から2日間、中小企業診断士の1次試験ですね。




資格難易度ランキングで「難易度A(難関)」となっている

国家資格です。

税理士よりは難易度が低く、社会保険労務士や行政書士と

同等程度の難易度といわれています。

ビジネスマネージャー検定を1とするとその10倍は

難しいと思います(私の個人的なイメージです)。

合格率

年度 1次受験者数 1次合格率 2次受験者数 2次合格率
H23 15,803 16.4% 4,003 19.7%
H24 14,981 23.5% 4,878 25.0%
H25 14,252 21.7% 4,907 18.5%
H26 13,805 23.2% 4,885 24.3%
H27 13,186 26.0% 4,941 19.1%
H28 13,605 17.7% 4,394 19.2%

毎年、受験者数13000人程度、合格者数1000人くらいです。

1次、2次トータルでは10%を切る合格率となり、

Aランクにふさわしい難関資格となっております。

私の知人が昨年チャレンジしておりましたが、

1次試験7科目のところで躓いておりました。

試験範囲も広く1次試験の突破もままなりません。

経済学部出身の私としてはいずれはチャレンジしたい資格です。

1次試験は部分合格もありますが、

7科目全体で60%以上、全科目40%以上という合格基準のため、

得意科目を免除して平均得点が下がり不合格ということも

あり得るため、戦略が重要となります。

とにかく試験時間も長く大変な2日間ですが、

受験者の皆さま頑張ってください。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。