不動産資格(宅建、マン管、管業)まとめ受験のおすすめ

宅建士の試験まであと1ヶ月となりました。




宅建士試験の勉強を進めていると

そろそろ過去問や予想問題に取り組み始め、

早ければ合格への手ごたえを掴んでいる人も多いかと思います。

そんな人におすすめなのが、

9月1日から申し込みが開始した管理業務主任者と

マンション管理士のトリプル受験。

なぜおすすめなのかというと試験範囲が被っている部分が

多いこと。

試験範囲の被り具合は下記参照

おすすめ資格取得順序(宅建士、マンション管理士、管理業務主任者)

「・・・宅建士だけでも大変なのにマン管と管業も

一緒にってしんどくない。」という声が聞こえてきそうだが、

実際私は同年度に宅建士と管業を受験し合格しました。

その時思ったのがマン管も受けておくべきだった、ということ。

翌年マン管だけを受験し見事に不合格。

未だマン管は取得できていません。

(そろそろ取りたいと思いますが、来年あたりの受験かな。)

宅建士を受験し、宅建の知識が詰まった状態で、

1.5ヶ月マン管と管業の独自の部分や過去問、予想問題に

取り組めば十分対策となります。

逆に翌年受ければいいやと思うと宅建の知識が

かなり忘れていますので、勉強時間も必要となります。

以上私の経験からのまとめ受験のおすすめでした。




ちなみに申込は

管理業務主任者及びマンション管理士ともに

9月1日(金)から10月2日(月)まで(最終日消印有効)が

申込期限ですので早めにお申し込みを。

試験日は

マンション管理士の試験日

平成29年11月26日(日) 午後1時~3時

管理業務主任者の試験日

平成29年12月3日(日)  午後1時~3時

となります。

2週連続というのがハードに感じますが、

逆にこれでまとめて合格できれば最高に

効率がいいですよね。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。