個人情報保護士について調べてみた

義理の弟(妻の弟)から資格の相談をされたので、

調べてみました。




仕事の関係で「個人情報保護士」なるものを

取得したいとのこと。

初耳の資格だったので、興味津々で調べてみると

「個人情報保護士認定試験」が年に4回開催されている。

保護士となっているが、税理士や宅建士といった「士業」特有の

独占業務はなく、しかも国家資格ではなく民間資格のため、

社会的に特に価値はなさそう。

ただ、一般常識として昨今ニュースを騒がしている個人情報や

マイナンバーについて体系的に勉強できる機会を得るために、

取得を目指すことはいい動機につながる。

試験日程(個人情報保護実務検定)

①6月上旬頃

②9月中旬頃

③12月中旬頃

④3月中旬頃

合格率

35%前後

推奨勉強時間

50~100時間程度(個人差による)

合格点

課題Ⅰ 48/60問以上の正答

課題Ⅱ 48/60問以上の正答

片手間とはいきませんが、少しまとまった時間を取れれば、

十分合格を狙える資格です。

試験機会も年4回あり、資格試験の不毛地帯である3月に

試験があるのはありがたいです。

合格基準が80%以上の正答が必要なため、

かなり正確な知識を求められますね。

余裕があれば来年3月に受験できるよう、

引き続き情報を集めていきます。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。