2017年の目標

今年の資格の目標はとりあえず3つ

・2種電気工事士

・2級土木施工管理技士

・1級管工事施工管理技士

早速1級管工事のテキストを買い、

2種電気工事士の申し込みもしました。

まだまだ試験までは時間があるけど、

コツコツ勉強して3つ合格するぞー!!!




危険物取扱者 受験体験記

今年の目標は夜に書くとして、

懐かしい合格証が出てきましたので、そちらについて。

「危険物取扱者乙4類」

ガソリンスタンドで働いたり、開業するときには有利になると

よく言われており、資格の存在は以前から知っていました。

難易度もそんなに難しくなく試験回数も頻繁にあるということで、

資格を集め始めるにあたり、とりあえず受験することに。

勉強時間2週間30時間程で1冊買った問題集と過去問で無事クリア。

大学受験以来試験の久々の試験の緊張感、

シーンとした空間の中で聞こえる鉛筆の音、

学生時代に戻った感じがして楽しくなりました。

勉強する習慣のリハビリを兼ねてまずは1つ資格を取得するには、

手ごろな試験だと思います。

特にこれという目標がなければ、手始めにいかがでしょうか。



宅建士 参考書&テキスト

今日は宅建で使用したテキストについて

書いていきたいと思います。

宅建を独学で取り組もうと思われている方がまずつまずくのが、

テキスト選びだと思います。

私も宅建の勉強を始める際、参考書売り場で種類の多さに

どれを買っていいのか、

悩みました。

そしてまず手を付けたのが、

「宅建とるぞー」(私が使ったのは2014年度版)でした。

不動産業に勤める友人はこちらをメインにして、

宅建を取得したとのこと。

その話に乗ってこの本で勉強を開始しました。

ただ、どちらかというと不動産業経験者向けで、

私のようなド素人には専門用語が多く、

このままではマズいと思い、

再度本屋へ。

そこで邪道だとは思いましたが、

宅建学院のマンガ宅建塾に取り組みました。

2016年版 マンガ宅建塾 (らくらく宅建塾シリーズ)

初心者にもとっつきやすいため、マンガの次はらくらく宅建塾、

その後関連の問題集と関連本を購入しては読破していきました。

300時間程勉強すると宅建塾も2~3周勉強したため、

仕上げとしてU-CANの問題集や

過去問をネットから引っ張って、

ひたすら実戦練習。

最終的には過去問でコンスタントに40点以上を

取れるようになり、試験当日に臨むことができました。

特に業界未経験の方ですと、専門用語に躓くと思いますので、

騙されたと思ってマンガから入るのも手だと思います。

テキスト選びがメンドクサイので

「らくらく宅建塾の宅建学院の通信教育」という方はこちら

明日は今年の目標について書いていきたいと思います。



宅建士 合格率と勉強時間

今日は2年前に取得した宅建について書いていきたいと思います。

平成26年10月に受験して合格しました。

現在は宅建士となっていますが、当時は宅地建物取引主任者という名称でした。

私が取得した年が最後の名称で平成27年からは宅建士試験となっております。

平成26年 合格率 17.5%

平成27年 合格率 15.4%

平成28年 合格率 15.4%

例年15~18%の間で推移していますね。

これは合格点をその年の難易度で決めて合格率が15%強ぐらいに

収まるように調整しているからです。

○○点取れば合格というわけではなく試験が終わって自己採点をしても

合格しているかどうかがわからないのはモヤモヤしますね。

2ちゃんねるや解答速報で合格点予想が盛り上がりますが、

自己採点ギリギリだと合格発表までハラハラドキドキです。

いろんな方が書かれていますが、やはり勉強時間は300時間ぐらい必要です。

私は5月半ばから勉強を開始し、10月の試験まで1日3時間を目標に勉強しました。

約400時間強 仕事をしながらこの時間を確保するのは大変だと思いますが、

4月からであれば1日2時間で400時間程度の時間を確保できますので、

今年受けようか迷われている方で1日2時間の勉強時間が確保できるのであれば、

チャレンジしてみてはいかがでしょうか?

明日はおすすめのテキストや勉強方法について書いていきたいと思います。




2級電気工事施工管理技士 おすすめ参考書と勉強時間

2017年2月合格発表がありました。

平成27年に学科を合格し、平成28年の2回目の実地で無事合格。

合格証明書の発行手続きを行い、先日やっと合格証明書が手元に。

1年越しの合格ということで喜びよりもほっと一息。といった心境です。

使ったテキストは以下の3冊。

「2級電気工事施工管理技士試験実地 25回テスト」は平成28年の受験時に購入。

敗因は学科の勉強に注力しすぎて、実地対策不足でした。

平成27年度の合格率 学科55.2% 実地40.4%

ですので、対策さえしっかりしていれば、合格できたはず・・・(>_<)

ちなみに今回の合格率 学科58.7% 実地41.6%

勉強時間はトータルで100時間程。

学科・実地試験ともに過去問のリピート問題が多数のため、

テキストを一通り取り組んで、後は過去問5年分ぐらいを3週ぐらいで、

合格できるのではと思います。

実地試験の作文はテキストやネットの模範解答を参考にして、

まとめておけば十分対応できます。




次の試験 10/28           2級土木施工管理技士