資格を効率よく集めるために・・・2

昨日はいいことばかり書いてしまいましたが、

当然資格試験の勉強で苦しい時もありました。




資格を集めだして7連勝後、簿記2級で4点足らずの敗戦。

気を取り直しての受験で3点足らず。

結局5回目でやっと合格(1回は学生自体に不合格)。

一度不合格を味わうと気が楽になるというか、

基本情報処理技術者(FE)、マンション管理士、

2級電気工事施工管理技士、2級管工事施工管理技士等

結構不合格になってますね。

もちろん1発合格ほど気持ちいいことはありませし、

当然受験料や参考書代、試験を受けに行く時間も含めて、

不合格になると失うものも多いです。

その時の仕事の忙しさや試験の受験回の難易度にもよりますが、

出来れば一回で合格できるよう最善を尽くしましょう。

最近は宅建士のような4択マークシート方式であれば、

過去問や予想問題での対策で何とかなります。

施工管理技士のような筆記、現場の経験が必要な場合には

嫌でも現場経験を積んでもらうしかないですね。

工事は大丈夫だが、簿記が苦手。

という場合には「滝澤ななみ先生の本」で苦手を克服してもらう

ということが考えられます。

できるだけ早めに予算を決められるように努力します。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。