資格の有効性について

よくいろいろ資格持っていますけど、

仕事に役に立ってますか?と言われますが、

はっきり言ってほとんど仕事には役に立っていません。




ただ日本人は学歴や勤務先が有名企業だったりすると

それだけで一目置く傾向があるように、

資格についても持っていることがわかると、

それだけで一目置かれることもあります。

それだけでなく名刺に「2級管工事施工管理技士」等

書いてあれば、初対面の人との会話のきっかけに

なったりするケースもあります。

私の場合はスタートは給料UPや仕事で必要なため、

資格取得を始めましたが、最近はもはや趣味となっております。

仕事では役に立っていませんが、

宅建士は実生活で家を購入する際とても役立ちました。

ファイナンシャルプランナーも保険、年金等のことを

学ぶには最適な資格だと思います。

本来は仕事と直接リンクする資格を勉強することが、

一番自分のためにはなるのでしょうが、

皆さんが将来必ず気になる年金のことを勉強するのに、

例えばファイナンシャルプランナーの試験を受けようと

目標にして取り組むのもいいのではと思います。

IT系の資格も何をどこから手を付けていいかわからない

ネットの世界の取っ掛りとしてはいいかもしれませんね。

多少お金はかかりますが、大系的に勉強でき、

合格すれば達成感も得られます。

何かを始めるのに資格がきっかけになれば、

いいと思います。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。