おすすめ取得順序(毒劇物取扱者、ボイラー技士)

ふと思いました。

毒劇物取扱者とボイラー技士はかなり近いのではないかと。




ただ、よくよく見てみると毒劇物は化学(薬学)に近く、

ボイラー技士は熱力学よりです。

とはいっても高校レベルの化学で十分通用します。

どちらも受験に対して制限はありません。

(ボイラー技士は合格しても資格証発行の際実務経験もしくは

法定講習が必要となります)

ただ、毒劇物取扱者は試験日が年1回のため、

受験の際は計画的に進めないと期を逸してしまします。

(裏ワザとして県をまたげば年数回の受験が可能です)

ボイラー技士については2級からの受験になりますので、

毎月試験がありますからキッチリと準備をして受験しましょう。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。