宅建士 マンガ&教育訓練給付制度

業界未経験で宅建士を初めて受験される方は、

専門用語の理解で苦労されているころだと思います。

(私の経験からの勝手な思い込みですので、

苦労されていない方は読み飛ばしてください)

特に業界未経験の方は漫画で大枠を理解するとその後の勉強も

スムーズに進むと思います。

宅建士試験のツボを押さえたマンガによる入門書。本書を読んでから「らくらく宅建塾」に移行すれば、理解は...

私は宅建学院の「マンガ宅建塾」を利用しましたが、

今はユーキャンや日建学院をはじめ各社マンガにも

力を入れています。

1冊2,000円近くするため、購入するのに躊躇しますが、

私も合計7~8冊ぐらい参考書を買いましたので、

(失敗したものも何冊かあります)

騙されたと思って試してみてはいかがでしょうか。

宅建だと通信講座やスクールへ通って勉強される方も

多いと思います。

教育訓練給付制度

※厚生労働省のサイトより

を利用して講座を利用すれば20%(上限10万円)が

支給されますので、こちらをうまく利用して通信講座や

スクールへ通うのも一つの手ですね。

宅建試験はまとまった勉強時間が必要になるため、

途中躓いたときに相談できる相手が欲しくなります。

通信講座での電話相談や、スクールでの講師、友人は

とても心強いでしょうね。

私もやみくもに参考書を買って試験勉強を行っておりましたが、

教育訓練給付制度で補助金をもらい体系的に勉強を進めれば、

もう少し効率的に学習を進められたと思います。

(お金は独学よりもかかりますが・・・)

うまく国の制度も使いながら、

合格に向けて勉強頑張りましょう。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。