宅建士 滝澤ななみ 参考書

簿記、FP、建設業経理士でお世話になった

滝澤ななみ先生が宅建の参考書を出版してました。

みんなが欲しかった!宅建士の教科書(2017年度版)みんなが欲しかった!宅建士の問題集(2017年度版)みんなが欲しかった!宅建士の12年過去問題集(2017年版)

「みんなが欲しかった宅建士の教科書」

「みんなが欲しかった宅建士の問題集」

「みんなが欲しかった宅建士の12年過去問題集」

よくよく調べてみると2015年から出版されているようですね。

(私が受けたのは2014年なので、見かけなかったのですね。)



カラー印刷なので見やすく、解説もわかりやすいと思います。

私の宅建受験時は「らくらく宅建塾」を基本としましたが、

「ユーキャン」や「宅建とるぞー」と参考書、問題集合わせて、

合計10冊ぐらい取り組みました。

300~400時間勉強するとなると、参考書1冊読むのに私の場合、

10時間程度10冊を3周したとしてやっと300時間です。

よく1冊を何度も繰り返し暗記するまで勉強することが、

合格のコツ・・・ということをいう人もいますが、

はっきり言って3周すれば飽きます

最後の50時間ぐらいはひたすら過去問に費やすとしても、

それまでの300時間を参考書と問題集3冊だけではとても

持ちません。

また、らくらく宅建塾の解説とユーキャンの解説では

言い回しが違い問題によっては宅建塾の解説では

理解できなかったけどユーキャンでは理解できた、

というようなこともあります。

教科書自体はどれか1冊でいいと思いますが、

問題集はいろんな会社、著者の本を購入し解説を読み比べて、

理解が深まるよう勉強を進めていきましょう。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。